私がパチスロを打ち始めた1990年代中頃はパチスロ台が4号機と呼ばれる内規で管理されていた時代でした。



私が生まれて初めてパチスロを打った機種である山佐の「ニューパルサー」は4号機の中でも空前のヒット機種となりました。

3号機から4号機に変わった1990年代前半の時代を経験してきた世代からは4号機は当初「ゲーム性が3号機より乏しい」などの理由で敬遠されてきた時期もありましたが、4号機のユニバーサルの「クランキーコンドル」の登場によりビッグボーナス中のJACゲームを意図的に遅らせる攻略法の「リプレイはずし」が広まった事により、4号機の技術介入全盛時代が幕を開けたのでした。



パチスロの攻略法はパチスロの内規が変わる節目に登場してくるケースが多く、内規が変わる時期を狙ってパチスロを打つパチスロのプロ、略して「スロプロ」も多く存在していました。



現在はパチスロ業界も様々な対策を練っているので、パチスロのプロ達による攻略は以前よりもしづらい状況に変化してきています。
家庭用中古スロット販売



このサイトは無料ホームページ作成.comで作成されています