その穴と穴の間の砂の平地の一角に突立った呉一郎は、鍬を杖にしつつ腰を伸ばして、苦しそうにホッと一息した。その顔は真黒く秋日に焦けている上に、連日の労働に疲れ切っているらしく、見違えるほど窶れてしまって、眼ばかりがギョロギョロと光っている。流るる汗は止め度もなく、喘ぐ呼吸は火焔のよう……殊に、その手に杖ついている鍬の刃先が、この数十日の砂掘り作業の如何に熱狂的に猛烈であったかを物語るべく、波形に薄く磨り減って、銀のようにギラギラと輝いている物凄さ……生きながらの焦熱地獄に堕ちた、亡者の姿とはこの事であろう。
 その呉一郎はやがて又、何者かに追いかけられるように、真黒な腕で鍬を取り直した。新しい石英質の砂の平地に、ザックとばかり打ち込んで別の穴を掘り初めたが、そのうちに大きな魚の脊椎骨を一個掘り出すと、又急に元気付いて、前に倍した勢いで鍬を揮い続けるのであった。
中野駅 歯医者



このサイトは無料ホームページ作成.comで作成されています