ひと足踏むごとに、土の底からにじみ出すようなうるおいが草鞋に深く浸み透って来ます。狭い路の両側には芒や野菊のたぐいが見果てもなく繁り合って、長く長く続いています。ここらの山吹は一重が多いと見えて、みんな黒い実を着けていました。
 よくは判りませんが、一旦くだってから更に半里ぐらいも登ったでしょう。坂路はよほど急になって、仰げば高い窟の上に一本の大きな杉の木が見えました。これが中の嶽の一本杉と云うので、われわれは既に第二の金洞山に踏み入っていたのです。金洞山は普通に中の嶽と云うそうです。ここから第三の金山は真正面に見えるのだそうですが、この時に霧はいよいよ深くなって来て、正面の山どころか、自分が今立っている所の一本杉の大樹さえも、半分から上は消えるように隠れてしまって、枝をひろげた梢は雲に駕る妖怪のように、不思議な形をしてただ朦朧と宙に泛かんでいるばかりです。峰も谷も森も、もうなんにも見えなくなってしまいました。「山あひの霧はさながら海に似て」という古人の歌に嘘はありません。しかも浪かと誤まる松風の声は聞えませんでした。山の中は気味の悪いほどに静まり返って、ただ遠い谷底で水の音がひびくばかりです。ここでも鶯の声をときどきに聞きました。
駒込駅徒歩3秒の美容室



このサイトは無料ホームページ作成.comで作成されています