シュノーケリングとダイビングの違いというのがごちゃ混ぜになっている方もいます。



シュノーケリングというのは水中メガネやウェットスーツ、足ひれ等を装着し、シュノーケルという息を吸う装置等を装備して水の中を散策します。



ウェットスーツをつけていると溺れる心配も無いですし、水中を歩いたり移動する時に足ひれがあるとスムーズに移動する事が出来ますから、非常に楽しいものです。



ダイビングの場合は呼吸器具のレギュレーターというものを口に装着して水中を楽しみます、ライセンスが必要ですが体験ダイビング等もあり、シュノーケリングと比べるとハードルが高いイメージがありますから、気楽に楽しめるものです。



沖縄のような綺麗な海の中を楽しむのは若い世代、お年寄り、男女問わずに人気があります。

青の洞窟シュノーケリング体験ダイビングセット



このサイトは無料ホームページ作成.comで作成されています