私は独学でSEO対策を学んでいます。その中で色々な上位表示されているサイトを見るのですが、やはりどの施策が最も良いかは難しいところです。内部的な事は色々と参考書やネット検索で知識はつけることができました。キーワードの出現率やタイトル、H1タグなどなど。ですが、外部要素、つまり被リンクに関しては疑問だらけです。たとえば青汁という非常に検索数の多いキーワードで上位に表示されているサイトは被リンクがほかのサイトに比べると少なかったりします。その5位に掲載されているサイトの外部リンクは20000を超えているのに・・・。数だけでないことはわかりますが、どのように被リンクを貼るのが良いのでしょうか?アンカーテキストを分散するのも重要とも言われていますが、実際にどのくらい効果があるかは本当に分かりません。私の中での今のところの考えはオールドドメインかつグーグルランクが高い特に5以上のサイトからの被リンクは非常に効果があると思っています。

被リンクが増えてきたら意識するポイント
被リンクが増えて、アクセス数が伸びてきたからといってそこで終わるのは良くありません。価値あるホームページと認識され、検索エンジンで上位に表示されるようになっても、更新が止まってしまうと徐々にランクは下がっていってしまいます。また、更新されないホームページは、よほどの専門性を取り扱っているホームページでないかぎり、アクセス数も下がっていきます。どれくらいの頻度で更新すれば大丈夫というものはありませんが、一ヶ月に一度でもホームページ更新すれば、自身のホームページのファンとなったターゲットを惹きつけ続けれます。また、そうした鮮度ある情報のホームページは被リンクも増えていく傾向にあります。できる限り、鮮度あるホームページを心がけるのが理想的です。

ブログをうまく使った被リンクも集め方
ブログサービスは現在では、多くの人が簡単に利用できるという手軽さから、たくさん人がブログサービスを使用しています。seo対策をするにあたり、ブログサービスの利用は被リンクの増加への影響が少ないという人もいますが、決してそんなことはありません。ブログサービスは、手軽に鮮度ある情報を更新することに的しています。母艦となりホームページの更新情報の簡単な要約をブログサービスで紹介し、母艦ホームページへ人を集める方法で被リンクを増やす方法は、間接的にブログサービスを利用することで、非常に効果的です。ブログサービスは、気軽に読むことができる特性もあるので、まずブログでカジュアルに情報を配信し、そこからホームページへ導くようなサテライトサイト的な使い方にも便利です。

サテライトサイトをうまく使って被リンクを増やす方法
サテライトサイトとは、自身のメインとなるホームページへ、サブのホームページを制作し被リンクさせることを言います。サテライトサイトの効果は、被リンク数を集めるのに大変重要となります。サテライトサイトの目的は大きくわけて二つあります。一つは、サテライトサイトからの自身のホームページへのリンクを、被リンク数に加えれるということです。検索エンジンで上位に表示されるためには、被リンク数が重要となるため、サテライトサイトをうまく利用することで、上位に表示されるようになります。もう一つは、サテライトサイトへ流れてきたターゲットをメインにホームページへと導くことができ、その結果アクセス数を伸ばせれるということです。サテライトサイトは、現在のホームページ運営にかかせないもののひとつとなっています。



このサイトは無料ホームページ作成.comで作成されています